漢詩:「二千十六年里約内盧帕拉林匹克運動會卽事」(五言排律・側體)(リオデジャネイロパラリンピックの漢詩です)

50_二千十六年里約熱内盧帕拉林匹克運動會卽事_2016_09_07.png


●原文:

 二千十六年里約熱内盧帕拉林匹克運動會卽事
         玄齋 佐村 昌哉  大阪市

八月止風旗  遠征存里約

躬軀抱病痾  機械支羸弱

突進戰車姿  跳驅奔馬脚

爭心寧好材  競技如良藥

各自意悠悠  總員才灼灼

未終興奮時  世界將瞠若


●書き下し文:

 題:「二千十六年(にせんじふろくねん) 里約熱内盧(りおでじやねいろ) 帕拉林匹克運動會(ぱらりんぴつくうんどうくわい) 卽事(そくじ)」

八月(はちぐわつ)の風旗(ふうき)を止(とど)め
遠征(ゑんせい) 里約(りお)に存(あ)り

躬軀(きゆうく) 病痾(びやうあ)を抱(かか)へ
機械(きかい) 羸弱(るいじやく)を支(ささ)ふ

突進(とつしん) 戰車(せんしや)の姿(すがた)
跳驅(てうく) 奔馬(ほんば)の脚(あし)

爭心(さうしん) 寧(むし)ろ好材(かうざい)
競技(きやうぎ) 良藥(りやうやく)の如(ごと)し

各自(かくじ) 意(い) 悠悠(いういう)として
總員(そうゐん) 才(さい) 灼灼(しやくしやく)たり

未(いま)だ終(を)はらず興奮(こうふん)の時(とき)
世界(せかい) 將(まさ)に瞠若(だうじやく)たらんとす

「會」の新字体は「会」、「卽」の新字体は「即」、「軀」の新字体は「躯」、「戰」の新字体は「戦」、「驅」の新字体は「駆」、「爭」の新字体は「争」、「藥」の新字体は「薬」、「總」の新字体は「総」、「將」の新字体は「将」
「十(じふ)」の新仮名遣いは「十(じゆう)」
「會(くわい)」の新仮名遣いは「會(かい)」
「月(ぐわつ)」の新仮名遣いは「月(がつ)」
「遠(ゑん)」の新仮名遣いは「遠(えん)」
「病(びやう)」の新仮名遣いは「病(びよう)」
「抱(かか)へ」の新仮名遣いは「抱(かか)え」
「支(ささ)ふ」の新仮名遣いは「支(ささ)う」
「跳(てう)」の新仮名遣いは「跳(ちよう)」
「爭(さう)」の新仮名遣いは「爭(そう)」
「好(かう)」の新仮名遣いは「好(こう)」
「競(きやう)」の新仮名遣いは「競(きよう)」
「良(りやう)」の新仮名遣いは「良(りよう)」
「悠(いう)」の新仮名遣いは「悠(ゆう)」
「員(ゐん)」の新仮名遣いは「員(いん)」
「終(を)はらず」の新仮名遣いは「終(お)わらず」
「瞠(だう)」の新仮名遣いは「瞠(どう)」

●現代語訳:

 題:「2016年のリオデジャネイロパラリンピックのその場の事を漢詩に詠みました」

 八月の風にはためく旗を止(とど)めて、
 選手達は(パラリンピックの)試合で遠方のリオデジャネイロにいました。

 選手達は自分達の身体に持病を持っていて、
 機械は選手達の弱々しい所を支えていました。

 選手達が突進する様子は、兵士が乗って馬に引かせた戦闘用の車の姿のようであり、
 選手達が選手達自身を速く走らせる様子は、逃げ走る馬のように素早いものでした。

 競技の上では、人と争う心も、良い材料となり、
 競技自体は良い薬のようでした。

 選手達それぞれの気持ちはのんびりしたものであっても、
 選手達全員の能力は優れたものでした。

 興奮の時は未だ終わらないのです。
 世界は今まさに驚いて目を見張ろうとする所なのです。


●語注:

※里約熱内盧(りおでじやねいろ)(小書き文字を使うと「りおでじゃねいろ」):ブラジルにある都市の「リオデジャネイロ」のことです。

※帕拉林匹克運動会(帕拉林匹克運動會)(ぱらりんぴつくうんどうかい(ぱらりんぴつくうんどうくわい))(小書き文字を使うと「ぱらりんぴっくうんどうかい」):パラリンピックのことです。

※即事(卽事)(そくじ):「その場の事を詠じた詩。」(『新字源』P147)

※風旗(ふうき):「風にはためく旗。風にひるがえる旗。」(『新字源』P1110)

※遠征(ゑんせい):「試合・登山・探検などで遠方へ出かけていくこと。」(Web サイトの『goo国語辞書』の「遠征」の検索結果< http://dictionary.goo.ne.jp/jn/26518/meaning/m0u/%E9%81%A0%E5%BE%81/ >(アクセス日:平成二十八年九月七日(水)))

※里約(りお):リオ、つまりリオデジャネイロのことです。

※病痾(びようあ(びやうあ))(小書き文字を使うと「びょうあ」):「長わずらい。また、持病。」(『新字源』P678)

※羸弱(るいじやく)(小書き文字を使うと「るいじゃく」):「よわよわしい。軟弱」(『新字源』P801)

※戦車(戰車)(せんしや)(小書き文字を使うと「せんしゃ」):「戦闘用の車。兵士が乗り、馬に引かせた。古代中国や古代オリエント諸国で使用。」(Web サイトの『goo国語辞書』の「戦車」の検索結果< http://dictionary.goo.ne.jp/jn/126343/meaning/m0u/%E6%88%A6%E8%BB%8A/ >(アクセス日:
平成二十八年九月七日(水)))

※跳駆(跳驅)(ちようく(てうく))(小書き文字を使うと「ちょうく」):「速く馬を走らせる」(『新字源』P972)

※奔馬(ほんば):「にげ走る馬。あばれて走る馬。」(『新字源』P248)

※争心(爭心)(そうしん(さうしん)):「人と争う心。」(Web サイトの『goo国語辞書』の「争心」の検索結果< http://dictionary.goo.ne.jp/jn/128835/meaningm0u/%E4%BA%89%E5%BF%83/ >(アクセス日:平成二十八年九月七日(水)))

※好材(こうざい(かうざい)):良い材料のことです。

※各自(かくじ):「それぞれの人。めいめい。おのおの。」(Web サイトの『goo国語辞書』の「各自」の検索結果< http://dictionary.goo.ne.jp/jn/38708/meaning/m0u/%E5%90%84%E8%87%AA/ >(アクセス日:平成二十八年九月七日(水)))

※悠悠(ゆうゆう(いういう)):「のんびりしたさま。」(『新字源』P374)

※総員(總員)(そういん(そうゐん)):「ある団体・集団に属するすべての人員。全員。」(Web サイトの『goo国語辞書』の「総員」の検索結果< http://dictionary.goo.ne.jp/jn/128043/meaning/m0u/%E7%87%8F%E5%93%A1/ >(アクセス日:平成二十八年九月七日(水)))

※灼灼(しやくしやく)(小書き文字を使うと「しゃくしゃく」):「才能や容姿のすぐれたさま。」(『新字源』P616)

※瞠若(どうじやく(だうじやく)):「驚いて目を見張ること。」(Web サイトの『goo国語辞書』の「瞠若」の検索結果< http://dictionary.goo.ne.jp/jn/155947/meaning/m0u/%E7%9E%A0%E8%8B%A5/ >(アクセス日:平成二十八年九月七日(水)))


●解説:

今回は、リオデジャネイロパラリンピックのその場の事を、五言排律の漢詩に詠みました。「側体(側體)(そくたい)」とは、漢詩の発音規則の平仄(ひょうそく)の中の、仄声(そくしょう)の韻の押韻(おういん:韻を踏む)ということです。オリンピックは填詞(てんし)を作っていましたので、今回のパラリンピックでは漢詩を作ることにしました。

 パラリンピックは障がい者のためのオリンピックですが、車いすバスケットボール等のぶつかり合いはとても激しいものであり、とても迫力のあるものです。そして義足を付けた選手達の出場する陸上も、とても早いスピードで走っていて感動します。

 そうしたパラリンピックの興奮を、きちんとテレビで観戦して両目に捉えて、漢詩にしていければ良いなと思います。

 五言排律は律詩のように最初の二句と最後の二句以外は対句という語呂合わせの句にするというものです。五言律詩よりも対句となる句が多くなっています。昔の中国では科挙という官吏登用試験の中でも用いられて、漢詩の発音規則が律詩よりも厳格になっています。

 この五言排律という形式にも、しっかりと熟練していくようにしていきます。これからも自宅での治療が続く中で頑張っていきます。


佐村 昌哉(筆名:白川 玄齋)

この記事へのコメント

  • 泥舟

    パラリンピックも年々 知名度が上がってきたように
    思います
    すごいですね!
    私も含めて 体の一部が不自由でも
    他で自然とカバーするもんだなあと
    実感しています

    お身体を大切にご療養して
    漢詩に励んでくださいね^^
    2016年09月10日 22:08
  • 佐村 昌哉(筆名:白川 玄齋)

    >泥舟さん

    こんばんは。温かいコメントをありがとうございます。
    体の不自由な一部分を機械が補う、そんな中で
    迫力のあるパラリンピックの試合が出来るようになる、
    もちろん鍛錬の成果だと思いますが、凄いことだなと思います。
    私自身の体調に気を付けて治療を続けながら、
    元気に頑張っていきます。

    泥舟さんも良い木曜日の夜をお過ごし下さい。
    2016年09月10日 22:27