填詞「夏日山行(倣菩薩蛮)」

15_夏日山行_倣菩薩蛮_2017_06_22.png


●原文:

 夏日山行(倣菩薩蠻)  玄齋 佐村 昌哉  大阪市

崎 嶇 山 勢 林 徯 寂  泉 聲 去 暑 塵 心 滌

越 險 有 吾 曹  全 員 氣 勢 豪

 ●

半 天 雲 影 澹  遠 景 宜 觀 覽

峯 頂 友 相 聯  客 懷 同 一 筵


●書き下し文:

 「夏日(かじつ) 山行(さんかう)(菩薩蠻(ぼさつばん)に倣(なら)ふ)」

崎嶇(きく)たる山勢(さんせい) 林徯(りんけい) 寂(せき)たり
泉聲(せんせい) 暑(しよ)を去(さ)りて塵心(ぢんしん) 滌(あら)ふ

險(けん)を越(こ)えんと吾(わ)が曹(さう) 有(あ)り
全員(ぜんゐん) 氣勢(きせい) 豪(がう)なり

 ●

半天(はんてん) 雲影(うんえい) 澹(あは)く
遠景(ゑんけい) 觀覽(くわんらん)するに宜(よろ)し

峯頂(ほうちやう) 友(とも) 相(あひ) 聯(つら)ね
客懷(かくくわい) 一筵(いちえん)を同(とも)にせん

「蠻」の新字体は「蛮」、「聲」の新字体は「声」、「險」の新字体は「険」、「氣」の新字体は「気」、「觀」の新字体は「観」、「覽」の新字体は「覧」、「峯」の新字体は「峰」、「懷」の新字体は「懐」
「行(かう)」の新仮名遣いは「こう」
「倣(なら)ふ」の新仮名遣いは「倣(なら)う」
「塵(ぢん)」の新仮名遣いは「じん」
「滌(あら)ふ」の新仮名遣いは「滌(あら)う」
「員(ゐん)」の新仮名遣いは「いん」
「豪(がう)」の新仮名遣いは「ごう」
「澹(あは)く」の新仮名遣いは「澹(あわ)く」
「遠(ゑん)」の新仮名遣いは「えん」
「觀(くわん)」の新仮名遣いは「かん」
「頂(ちやう)」の新仮名遣いは「ちよう(小書き文字を使うと『ちょう』)」
「相(あひ)」の新仮名遣いは「あい」
「客懷(かくくわい)」の新仮名遣いは「かつかい(小書き文字を使うと『かっかい』)」


●現代語訳:

 題:「夏の日に山歩きをしたことを、宮廷歌謡の替え歌である填詞(てんし)の譜面である詞譜(しふ:又は詞牌(しはい))の一つである、菩薩蛮(ぼさつばん)に基づいて詠みました。」

 山の様子は道が険しく、林の小道は静かで、
 泉の水音が聞こえてきて、暑さが去っていき、俗世間的な汚れた心は洗われるようでした。

 険しい山道を越えようとする、私の仲間達がいました。
 全員の意気込みは強いものでした。

  ●

 空の半ばでは、雲の形が薄くなっていて、
 遠くの景色は、眺めるのに良かったのでした。

 山の峰の頂きでは、友人たちが互いに並んで、
 旅先で故郷を思う気持ちから、一つの宴席を共にしようと思っていました。


●語注:

(以下、『新字源』は1994年(平成六年)十一月十日発行の改訂版を引用しています。)

※山行(さんこう(さんかう)):「山を歩く。山遊び。山中旅行。」(『新字源』P300)

※崎嶇(きく):「①山道の険しいさま。②人世の険しいさま。」(『新字源』P304)、ここでは、①の意味で用いています。

※山勢(さんせい):「山の姿。山のようす。山容。」(Webサイト『goo国語辞書』の「山勢」の検索結果 < https://dictionary.goo.ne.jp/jn/91193/meaning/m0u/ > (アクセス日:平成二十九年六月二十二日(木)))

※林徯(りんけい):「林の小道。」のことです。

※塵心(じんしん(ぢんしん)):「俗世間的な汚れた心。名利を求める心。」(『新字源』P234)

※気勢(氣勢)(きせい):「いきおい。元気。いきごみ。」(『新字源』P553)

※半天(はんてん):「①天のなかほど。なかぞら。②天の半分。」(『新字源』P138)、ここでは、①の意味で用いています。

※雲影(うんえい):「雲の形。」(『新字源』P1083)

※観覧(觀覽)(かんらん(くわんらん)):「みる。ながめる。演劇などを見物する。」(『新字源』P917)

※峰頂(峯頂)(ほうちよう(ほうちやう))(小書き文字を使うと「ほうちょう」):「みねのいただき。」(『新字源』P304)

※客懐(客懷)(かつかい(かくくわい))(小書き文字を使うと「かっかい」):「旅先で故郷を思う心情。」(Webサイト『goo国語辞書』の「客懐」の検索結果 (アクセス日:平成二十九年六月二十二日(木)))


●解説;

 今回は、夏の日に山歩きをしたことを、宮廷歌謡の替え歌である填詞(てんし)の一つ、『菩薩蛮(ぼさつばん)』に基づいて詠みました。

 険しい山で、林の小道は静かな中、泉の水音が聞こえて、暑さが去り、俗世間的な汚れた心は洗われるようであり、嶮しい山道を越える意気込みの強い仲間達と山を登っていき、空の半ばでは雲の形が薄くなっていて眺めが良く、山の峰の頂きでは、友人達が互いに並んで、故郷を思う気持ちから、一つの宴席を共にしようと思った、という風に情景を思い浮かべて填詞(てんし)を作っていました。

 私は車椅子の生活ですから、山登りの漢詩や填詞(てんし)は、まだ小さい頃の元気だった頃の記憶と心の中で思い浮かべる山登りの姿から作っているもので、こうした作業もとても楽しいものです。これからも自由に漢詩や填詞(てんし)を作っていこうと思いました。

 最近、昔の漢詩人である水原琴窗(みずはらきんそう)の『菩薩蠻一百首(ぼさつばんいっぴゃくしゅ)』を読みました。その中では、その『菩薩蛮(ぼさつばん)』の百首は、病気を療養している時の、梅雨時から年末の半年の間に詠まれたものであると書いていて、とても励まされました。その中では様々な形で『菩薩蛮(ぼさつばん)』を詠んでいて、とても面白いものでした。私もそのように自由に填詞(てんし)を詠んでいこうと、そのように思いました。

 これからも普段の勉強と共に、漢詩作りや填詞(てんし)作りを頑張っていきます。


佐村 昌哉(筆名:白川 玄齋)

この記事へのコメント

  • 泥舟

    私、新字源をふこ先生に教えてもらって購入したんですが
    家にも一冊あって あれれ?2冊になって 失敗したなあ〜って
    よく見たら 改訂版とそれ以前のものでした。
    めちゃくちゃ違うわけでもないので 仕事場所と自宅用と分けて
    使っています。
    私も少し慣れてきて辞典の使い方がわかっってきましたが
    それより何より これを作った人がすごい!と思いました。
    文字一つ一つの語源や歴史まで調べてあるのですから 漢詩を作る上でも
    非常に役立つというものですよね

    車椅子の生活 大変でしょうが どうぞご自愛いただきまして
    漢詩を詠まれてくださいね
    2017年06月26日 11:43
  • 美舟

    こんばんは!
    深夜に失礼致します。
    Facebookの方でも拝見させて頂きましたが、やはり何度拝見しても素晴らしいお作品でございますね。
    様子が目に浮かんでくるようです。
    情景感とその中での心情。
    見事に表現されていて、いつもうっとりしながら拝見させて頂いてます。
    私も少しでも上達できるよう、学んでいきたいと思います。
    梅雨シーズン真っ只中。
    体調も変化しやすい季節となりますでしょうから、くれぐれもご体調にはお気をつけ下さいませ。
    良い1日をお過ごし下さいませね。
    2017年06月28日 01:59
  • 佐村 昌哉(筆名:白川 玄齋)

    > 泥舟さん

    おはようございます。温かいコメントをありがとうございます。

    私も『新字源』の改訂版と初版の両方を持っています。
    入門一年目の時に fuko 先生から初版を頂いています。
    そしてその何年も後に改訂版を購入しました。
    改訂版の方が目次が引きやすくなっていますので、
    今は主に改訂版を使用しています。

    『新字源』はそのコンパクトな中に
    言葉の意味がきちんと収められているのが凄いです。
    一つの訓で多くの意味があることが分かりますので、
    漢詩作りや漢文読解の時に大いに役に立っています。
    泥舟さんの漢詩作りにも大きく貢献すると良いなと思います。

    温かいお言葉をありがとうございます。
    車椅子の生活で、外出はごく限られた時に行う現状です。
    そんな中でも勉強や漢詩作り、填詞作りを楽しみながら
    頑張っていこうと思います。
    明るい気持ちで過ごしていきます。

    良い木曜日の一日をお過ごし下さい。
    2017年06月29日 07:46
  • 佐村 昌哉(筆名:白川 玄齋)

    > 美舟さん

    おはようございます。温かいコメントをありがとうございます。

    はい。山道の中で気勢を上げる登山仲間達、
    山の風景と共に思い浮かぶのは、
    そうした登山者の方々の意気込みだなと思いました。
    険しい山道を共にしていることによって、
    その方々の連帯はますます強まるのではないか、
    そんな風に思って填詞を作っていました。

    美舟さんは書と絵と、CGまで手掛けていて
    そのうえでさらに漢詩と、分野を広げているのが凄いです。
    私もせめて漢詩や填詞だけはと思いつつ、
    普段の勉強も進めています。引き続き頑張ります。

    梅雨時で蒸し暑い日々が続く中で、
    体調をしっかりと保って努力を重ねていきます。
    私も明るい気持ちで頑張っていきます。

    良い木曜日の一日をお過ごし下さい。
    2017年06月29日 07:55