前回の漢詩「夏日間居」(五言排律)の英訳です

Title: “Living in seclusion in a summer day”

When I lived in seclusion in a long way from any human dwellings,
in a deserted garden,
I heard the sound of the water of the spring
and the sound of the garden rock.

I heard them like washing away the dust,
and like leaving the long summer days.
The rain went by,
and a mountain in the afternoon was fine.

I had been wanted to forget the summer heat for thirty days.
And when I glanced around the scenery,
it looked like peaceful and calm.

I felt a hut the place where the person
who studied the skill of the Taoism
and got the way to be the mountain hermit
and the hermit lived.
And in reading the books,
I thought a relationship with poets.

I heard the sound of the wind
blowing up based on four seasons.
And singing a poetry to myself
while being lost in my own thoughts,
I drank a cup of alcoholic beverage.

I was ashamed that it was easy to be old in the prime of my life.
And when the sun was setting, the cool visiting early was occurring.


Masaya Samura (pen name: Gensai Shirakawa) in Osaka, Japan
at July 4, 2017

この記事へのコメント

  • 美舟

    私は語学は全くですので、ちんぷんかんぷんなのですがね・・・(笑)
    でも、今、少し古いジャズを聴きながら、こちらを拝見しております。
    内容は、前のお記事で拝見してますので、英語を眺めてますがね。
    古いジャズにぴったりなイメージがしてきました。
    また話が詩と逸れてしまいましたが、漢詩の英語バージョン。
    とっても素晴らしいなと思いました!
    2017年07月08日 02:25
  • 佐村 昌哉(筆名:白川 玄齋)

    > 美舟さん

    こんにちは。温かいコメントをありがとうございます。

    英語は、こうした英訳や SNS のコメントのやり取り等では
    何とかこうして行えるようになっています。
    英会話となると、相手にゆっくりと話してもらう必要がありますので、
    まだまだ勉強をしていかないとと思っています。

    はい。前回の漢詩のアップ時の現代語訳も参照できれば、
    英語の意味を少しずつ確認していくことも出来ますね。
    そのようにしていただいて嬉しいです。

    ジャズですか、楽器の演奏も落ち着いていて、
    良い音楽の分野だなと思います。
    「As time goes by」などは歌詞が心に沁みてきます。
    心を落ち着けることも大切だと、改めてそう思いました。

    英語と日本語と漢語の違い、漢詩作りと英訳の中で
    少しずつ理解してきたところです。
    意味を表現するための単語や特別な構文が無い時が
    常に燃える時です。こういう時に頑張ることがとても勉強になります。
    これからも体調に気を付けて頑張っていきます。

    良い水曜日の午後をお過ごし下さい。
    2017年07月12日 16:44